FC2ブログ
flower border

おばさん会社員の毎日

子供がいない夫婦で、二人暮らしです。おばさん目線で、毎日の生活を楽しみ中。ハンドメイド好きですが、仕事をしながらなので、作品創りは超ゆっくり。生活感あり、職場のことあり、コスメのことあり、ハンドメイド作品展示ありです。

No image

スポンサーサイト

フェリシモの過去キット作成中

結局、断捨離の続きのように過去フェリシモで買ったキットを作成中。何も考えず無心で針を刺していくのがストレス解消になるみたい。新しいことすると作業の途中で考える場面があってもちろん新しいことしないと自分のキャパは広がらないんだと思うんだけど無心で針を刺すのも技術の向上になるのかなとも思う。何よりそれがストレス解消になるならそれで良いと思うようにした。にほんブログ村上のランキングボタンをポチッとして頂...

新書版のブックカバーにしました。

この三連休に花ふきんを刺しました。でもふきんとして使うのはあまりにもったいないし昔の人のようにお膳の上に掛けるという習慣もないし・・・。ということで何か別のものに活用しようと思ってブックカバーにしてしまいました。結構地道な作業なんですけどこういう作業が好きなんです。こういう風に完成するとうれしくって。でもふきんとしては使わないので新書版のブックカバーにしました。結構大きいんです。反対側はこんな感じ...

花ふきんとセットのコースター(小梅)

前回の記事では花ふきん(小梅)を載せましたがこのふきんはコースターとセットです。キットは布に図案の印刷もしてあるしそのとおりに刺せば出来上がるからラクチン。しかもまっすぐ刺せば良いスタイルの図案。テレビを見ながらでも作業ができる手軽さでスキマ時間でやってみようと思える。だから出来上がりが早い。以前刺したコースターと一緒に撮ってみました。何色もあると見栄えが良いです。今度は青いの刺してみたくなった。...

刺し子の花ふきん(小梅)

前回刺し子をしたのはいつだろうとブログを見返してみると約1年前だった。ずっと放ったらかしだったのね。関連カテゴリー⇒こちらいろいろ刺しゅうをするようになったけど結局私はまっすぐ刺すのが向いているのかも。そう思いなおしてもう一度刺し子に挑戦。テレビ見ながらでもサクサク刺せるのが魅力。キットなので図案が印刷されているのでラクラク。自分で図案描くようになったら大変かも。それはそれで楽しいと思うけど。何か刺...

3連休に作ったもの。

3連休に色々作ってみようと意気込んで一生懸命創作活動に励みました。しかし何だかなぁ。出来上がったものがどうも自分でもがっかりする出来栄えで・・・。"(-""-)"コースターなんですけどね。刺し子で下絵のないものに自由に刺したくて挑戦してみました。どうも自分ではがっかりする出来栄え。気分直しにキットで下絵が印刷されているものに無心で刺していきました。これはもう本当に無心で刺しました。今練習している刺しゅうの...

紺色刺し子の花ふきん出来ました。

GW中にひとつでも完成させようと思って刺したのがこちら。今回は紺色です。ロングの写真で見てのとおりふきんの中央部分に刺繍しました。キットなので図案は印刷済み。だから簡単。まっすぐ刺していけば良いだけ。裏はこんな感じ。だんだん裏もキレイにできるようになってきた。上のバナーが最近のキットです。花ふきんっていう言い方せずにフリークロスって言うんですね。その方が今風なのかな。右上のランキングボタンをポチッと...

刺し子のふきん2作目完成

何だかんだとモンクを言いつつも完成いたしました。あまり深く考えずにまっすぐまっすぐ刺していくと完成する。この刺し子という技法は私に合っているのかもしれません。今回は裏面もお見せできますよ。(´∀`)1枚目よりは2枚目の方が完成度が高い!これらのふきんは、かなり昔に買ったキットで定年後の楽しみにしようと思っていたものです。まだ定年していなけど、こういうものが作りたいと感じる年齢?になったのかも。和風で...

刺し子のふきん2作目開始

刺し子のふきんの2作目作成中です。1作目よりもウラ面がキレイにできていると思います。が、しかし、1作目よりも愛着がわかない。何でだろう?このキットの糸の色が、最初の作品よりも地味だから。かわいくないように思えてしまうんですね。最初の色は赤だったけどこれは黄色というか、辛子色。いかにも日本的で良い色なんだけど何だか私にはワクワク感がない。ワクワクしないから、作業が前に進まない。本当にワガママだわ。右...

刺し子のふきんに初挑戦!

初めての挑戦で刺し子のふきんを作ってみました。刺し子っていうのが初めてでまっすぐに針を刺していけば良いなら私にもできると思ってやってみました。まだアイロンもあてていないのですがとりあえず写真撮ってみました。上手な人はウラもキレイ。しかし、この作品はウラはお見せできません。ヒドイ状態。どうやったらキレイな裏面になるのだろうか。刺し始めと終わりの糸の処理をどうしたら良いのだろうか。そんなことをインター...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。